あいこの ブログ

ほんとうのしあわせを求めてDrあいこの旅は続きます

救外で説明せなあかんなぁ

おまつり気分でハッピー

先日、救急搬送されたあと、心電図モニターの電極をつけたままの患者さんがいた話を書きましたが、また、いらっしゃいました。前回の方は、搬送当日ですから、まあ、何とも言えんがや茶。と、徒然なるままに書いていますが、もう少しお付き合いくださいね。

 今回の方は、5日前に搬送されて、一晩経過観察入院されて、その後、お風呂も入っていたそうですが、剥がしていいのかわからないかとのことでそのままにしていたそうです。

 たしかに、モニターをどうするという話はしたことがないし、搬送後はモニター使わないでいるとついてることさえ、医療側も把握していない。

 ところで、「Me before you」(邦題 世界一キライなあなたに)という映画をみました。(もちろん、アマゾンプライムで無料だから) 美奈さんもみてね。

 あいこせんせは、最後、なんて主人公の女性に残酷な映画なのかしらんと思いました(どれだけ心を通わせたように見えても、その先に幸せを想像できないわけですから、その女性との未来が全否定されたような感じです。)が、よくよく考えると、主人公の女性もビジネスとしてやっていたわけなので、痛手は大きくないのかしらん。(当初彼女は、自分に恋人がいて、普通につきあいながらビジネスとして介護しているわけですし、最後に、生死がかかわってくると、恋愛というより悲劇のヒロイン的な感情の盛り上がりの中で日常が過ぎてしまっていて、もう、冷静な判断ができなくなっているでしょうから)と、見終わって数日して、考え直しています。

 結構いろいろ考えていくと、結局、「人生いろいろ」なので、どんな結果であろうと実際に怒ったことを受け入れていくことが重要なのだと思いました。

 

 医療も、すべてを説明することもできないし、どのようなとらえ方をするのかも人それぞれ、その時々に、実際に起きている現象に正しく対処していくことが必要なのだと思います。

 

 

人生いろいろ

人生いろいろ

 

 

 ここまで読んでくれてありがとうございます。

羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶 合掌  

広告を非表示にする