読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいこの ブログ

ほんとうのしあわせを求めてDrあいこの旅は続きます

肺炎球菌ワクチン

 

おまつり気分でハッピー

先日、日本内科学会誌 11月号がきました。肺炎球菌ワクチンについてのお話です。

これによると、日本の推奨(感染症学会)では、PCV13については、まだ評価不十分(国内)で、PPSV23が主体(定期接種になっているしね) PCV13を撃つなら、PPSVの1年前にという内容のようです。

 ACIPとは、異なる見解(というか、日本で医療費削減効果が期待できるか不明なので今回は、きちんとはコメントできないということのよう)

 結構いろんな角度から、解説されていますが、あまり画期的な内容は内容。今のところのアイコセンセの見解としては、ppsv23接種だけでとりあえず様子見でいいんじゃね。特に気にされる意識の高い方には、アメリカではこうなんでやってみますかなんて、あまり根拠のない話で行くしかありませんな。

あとは、珍しい病気が多かった。

 fitz-hugh-curtis症候群(骨盤内炎症性疾患が上行性に腹膜や肝被膜まで波及し肝周囲炎をきたすもの)なんて、読むことさえできない。画像でもすぐにはわからないようで、このような人が着たらお手上げですね。

 グルカゴノーマでは、壊死性遊走性紅斑は顔 会陰 四肢に好発とのことです。でも、見てもわからないかもしれない。

 βサラセミア(遺伝的なヘモグロビン合成異常)は、日本人でも1000人に1人と意外と多い。小球性貧血とHBA1Cの低値例では、ヘモグロビン分画を。

凝固系の亢進があり、肺塞栓のリスクが4倍