読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいこの ブログ

ほんとうのしあわせを求めてDrあいこの旅は続きます

クリアできない映画バージョン

おまつり気分でハッピー

先日、バイオハザードの映画をテレビでやってましたね。途中の一部しか見ていないのですが、なにがたのしいのか、理解できないあいこさんはきっと、時代遅れなんですね。と、徒然なるままに書いていますが、もう少しお付き合いくださいね。

 バイオハザードは、ゲームから派生した映画で、ゾンビ?化した人間をどんどん殺す?(破壊する?)のですが、いわゆるホラー映画というわけでもなく、とにかく、進んで行くわけです。

 うちの甥っ子たちは、食い入るように見ていて、しまいには、夜中におなかが痛くなって、翌日学校休んでましたけど、あんまり、いいお話ではないですね。

 ゲーム自体がそうですが、ゾンビとはいえ人間の形態をしているものをどんどん殺していくわけです。さらに、普通の人間なら、すぐに動けなくなりそうなことをしても、また立ち上がってくるので殺し方も何とも残虐です。

 これを、普通の人たち(子供を含む)が、普通に笑いながらやっているという状況は、少し異常な気もしますが、あいこさんの取り越し苦労なのでしょうね。

 それにしても、映画の方ですが、映画は基本的に2時間くらい続くので、どんな危機的な状況になっても、うまく乗り切ることが予測されてしまうので、そういう意味でのわくわく感はなくなってしまいますね。

 そこで、あいこせんせ、画期的なことを思いつきました。ゲーム好きのための特別バージョンを作ってもらって、10分位ごとに、テレビで選択肢を選ばせるというのはどうでしょう。

 間違った選択をすると、主人公たちは全滅し、地球も全滅し、暗黒画面に

「お前のせいで世界が滅びた。お前が主人公たちを殺した。」

という字幕が延々続く状態がその後、終了の時間まで続くというものです。

 今のゲームは、主人公が死んでもすぐにリセットができすぎて、命が軽く感じられてしまいそうです。

 

 

 ここまで読んでくれてありがとうございます。

羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶 合掌